忍者ブログ

  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ときどきめーるにも書いた通り、
『お香を楽しむ秋茶会』に参加してきました。

会場は、掛川城二の丸茶室、立礼席です。


      


簡単な香道を体験し、抹茶とお菓子を頂く内容だったため
参加者の中には、お着物で参加される方もいて、
お茶を嗜む方も多くいらしたようでした。



まずは、香木;白檀(びゃくだん)の香りを
知っているか否かの質問・・・
もちろん、全くわからない私
香りを聞くと、あっ、この香りどこかで・・・
そうそう、ずっと前に持っていた木製のペーパーナイフの香り・・・・
記憶の彼方から、白檀の香りだけが蘇ります


     


その後に、香炉を使って香木(沈香・白檀等)を焚き、
かすかにくゆる香りを
参加者一人ずつ聞いていきます。
(香の香りを嗅ぎわけることを聞く(利く)といいます)

人の温もり、香炉で香木を焚いている香り、
お茶室全体の雰囲気からなのか・・・
気分がとても落ち着く感じでした。
これが、リラクゼーション・癒しなのでしょうね


面白いと思ったのが、
『普段は、この材料は使いませんよ』との言葉から
はじまったクイズ形式の香木当て・・・


香炉に香木を乗せ、12人の参加者が一人ずつ、
香りを聞いていきます。
『もしかすると桧か杉か??』と思っていると、
『桧ですよ』とのお答え・・・


やはり、普段、使っている材料はなんとなく、わかるのですよね。



その後の、お茶もお菓子も、もちろん美味しかったです。

すぐに影響を受けてしまう私は、
これから、香炉を手にいれようか考え中です


おかだ





PR



コメント
フォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアド レス
URL
コメント




トラックバック
この記事にトラックバックする:
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
<<