忍者ブログ

  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月10日・11日は2年に1回行われるまつり、
新茶(一番茶)の季節到来を告げる金谷地区挙げてのまつりでした。


昼は紺の絣(カスリ)の着物を身につけた茶娘1300人余が
「ちゃっきりぶし」「金谷音頭」に合わせて踊る『茶娘道中』。

               

夜は、6地区の屋台を引き回す『屋台道中』や『川越し太鼓』がありました。


は『茶娘道中』で10:00~15:00まで踊りっばなしで、大変そうでした(>_<)



田舎の金谷ですけれど、茶まつりでは、
賑やか鮮やかで、見ている方も楽しかったですよ!


井村
PR
休日は 孫(1歳5ケ月)との散歩が,まっています。

近くの公園に行ったり
この時期は 桜を見に 仲島の土手を散歩したり
走ったり 立ち止まったり

とにかく 何をするにも 面白いんです。

『 こんにちわ 』 と お辞儀をしたり
花を見ては 『 きれい 』と言ったり

最近は 換気扇に興味深々で
手でクルクル回して 表現します。

新鮮ですね

おもちゃよりも・・・
日常の生活の中に ふしぎな事 がいっぱいあるみたいで。

家中のあちらこちらを 探検中です。


休日が待ちどおしかな。


あらい


私ごとですが、今年に入り何十年かぶりに『ぎっくり腰』をやってしまいました。

その時にかかった治療院のお話をさせていただきます。
動けなくて困った患者さん『なんとかして』と駆け込みます。

先生はその患者さんにあった治療をしてくれるのですが、
いつも思うのが季節の話題や美味しい食べ物、農作物の成長具合の
世間話をしながらの治療は気持ちを和らげてくれ、治療をスムーズに
しているようだと・・・


先日のママズフェスタにも、たくさんの方がみえて下さり、
たくさんの笑顔に会う事ができた事は大変幸せな事だと実感しました。

気になっていたけど、聞きに来てスッキリしたと言って頂けるお店に、
もっと、もっと近づきたいと思ってしまう私です


いつでも、お待ちしています。
何でも、聞きに寄ってくださいね


さちこ

今回M邸がセライファに掲載されるにあたり、
8月に撮影が行われ、私は、同行させて頂きました


        


 
写真をご覧いただくとわかるように、
ホントにリゾートホテルのお庭にいると
錯覚をしてしまう気分でした お庭がステキになった事はもちろんですが,
ご家族4人でお茶をする姿がとっても自然で、
お互いに思いやりのある素敵なファミリーだと実感しました。


『主人もお庭のお手入れは楽になったのにお気に入りのお庭にいる時間が増えたんですよ』と
奥さまから嬉しいお声が聞けました



  裏話

撮影というと3~4人でキャラバンで,
乗り付け反射板をかざしながらの風景を想像していましたが、
何と、一人でディパックを背負って、バックの中から七つ道具が何でも出てきて一人何役?


でも、プロの凄いのは誇張してでもなく、足りなくも無く、一つ一つ、
その物件の一番良いところを引き出して写真におさめてくれる。
さすがプロ と・・。

            2010年始まったと思ったら、もう3月・・・。

                 今日は高校生が花束をもって歩いていたので

                       『卒業なんだ・・・。自分は何年前の話だ?』

           と勝手に昔を懐かしんでおりました。


 
   現場の近くの田んぼを見ると、ツクシが芽を出していてもう冬が終わるのかなどと感じました。


   コノ時期は『春一番』といってとても強い風が急に吹いたり天気も安定しない時期で
   
               
                 外のお仕事は大変になります。

   
    私達がしているお仕事は大自然の天気や気温にとても気をつかいます。  

                 
              ですから、コノお仕事をするようになってから
 
            
                        明日の天気はすぐ答えられる癖がつきます・・・・。
  
                            

                                      
                                                 
                                                  なかだ

                                           




 



     
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
<<